網の張り方

網の張り方

例:防鳥網(A300 45mm目合 18m×54m)の場合
※企画により、巾・長さは異なりますが張り方は同じです。

1.網の両端の色の違う部分(耳糸)に、ひも等を通します。
 ※耳糸部分にひも等を通す時、網のねじれが無いか確認して下さい。
 ※ひも等を通してから耳糸部分の結束を外して下さい。

2.支柱●印を規格の幅と長さの四角に立て、耳糸に通したひもをしっかり支柱に固定します。補助支柱を適度に立て、ロープ等を張って下さい。この時網はたるんだ状態になっています。

3.支柱に固定したひも等に沿って網を展開して下さい。
網が広がるにつれ、幅が縮み弛みがなくなります。

4.補助支柱にロープ等を固定して完成です。

※「幅」を規格より広く張ると「長さ」は短くなります。
※「幅」を規格より狭く張ると「長さ」は長くなります。
※「幅」・「長さ」が正確でない場合、規格の幅と長さに張れません。