News

ムクドリの巣 対策ネットのご紹介

ムクドリは本来は人里に生息し、里山の樹林地や屋敷林などに巣を作っていましたが、宅地開発とともにそうした場所が減少しました。

天敵であるタカやフクロウ等の天敵から身を守る為に大木のある駅前広場や街路樹のある大通り等、巣にしやすい樹木があって天敵があまり近づかない市街地に徐々に移ってきたと考えられています。

巣にされてしまった樹木の下には大量のフンが落ちており、鳴き声も近隣住民を悩ませています。

そこで、東京戸張では、ムクドリの対策ネットを利用した解決策をご提案いたします!

お問い合わせは、

東京戸張株式会社 東京営業所 松林(03-5405-1081)まで。